三女のパッチンどめ大作戦はあえなく失敗に終わりました。

最近前髪が伸びてきた三女。ちょっと私がバタバタ忙しくて、
前髪を切ってあげる時間がありませんでした。

我が家はいつも庭のウッドデッキの上で、娘たちの前髪を切っています。
(これは美容師の友人に教えてもらったアイディアで、
室内やお風呂場・洗面所と違って、終わってからのお掃除が一切なしなので、
すごくおすすめですよ。さすがに後ろの髪をバサバサ切るのは無理かもですが、
前髪ぐらいなら風に飛ばされている…はずです。多分(笑))

ある朝、さすがにこれじゃ幼稚園で邪魔になるかなと思って、
ふと私のパッチン留めをつけてみました。

それがとてもかわいい!小さい子ならではの田舎臭いかわいさとでも言うんでしょうか!
そこでしばらくはパッチン留めを付けさせようと思い立ちました。

しかしつけ始めて数日後、夕方帰ってくると必ずパッチン留めがぽっけに
入っていることに気付きました。
行きと帰り、そして運動の時に帽子をかぶるから
どこかで取れてしまうのかな? とあまり考えていなかったんですが、
先日、朝送った後、珍しく教室に入る姿を見送ってみました。
その時、三女がおもむろにパッチン留めをもぎ取って、
ぽっけに入れている現場を目撃!なに〜、朝一だったのか!!!

母には何も言わないけど、彼女の中では無しだったのですね(苦笑)
ということで三女のパッチン留め生活は、一週間を待たずに終了しました。

三女のパッチンどめ大作戦はあえなく失敗に終わりました。